文化

サウジアラビアの至宝 日本で初公開

Tuesday, January 23, 2018

パンオリエントニュース

(東京) - サウジアラビア王国が有する屈指の文化財を展示する「アラビアの道 - サウジアラビア王国の至宝」展が、今月23日から都内の東京国立博物館で始まった。

古代より様々な交易路が張り巡らされ、人々と諸文明が行き交ったアラビア半島に位置するサウジアラビア。展覧会は「道」を一つのキーワードとして、時代順にサウジアラビア王国の歴史を文化財を通じて紹介する。

5000年前に砂漠に建てられた人形石柱からイスラム教の聖地メッカのカァバ神殿で17世紀に使われた扉、サウジアラビア初代国王の遺品など、約400点が展示されている。日本で同国の文化財が展示されるのは初めてのことであり、今年の3月18日まで開催される。

石油産出国として知られるサウジアラビアだが、その新たな一面を発見しにぜひ一度足を運んでみてほしい。

石油産出国として知られるサウジアラビアだが、その新たな一面を発見しにぜひ一度足を運んでみてほしい。

石油産出国として知られるサウジアラビアだが、その新たな一面を発見しにぜひ一度足を運んでみてほしい。

石油産出国として知られるサウジアラビアだが、その新たな一面を発見しにぜひ一度足を運んでみてほしい。


© PanOrient News All Rights Reserved.




文化